なんで の?

色が混ざることによって、光の反射具合が変わるからです。

ほとんどの場合、「もの」の色は、その「もの」が反射した太陽や電灯の光を人間が受け取って認識していることで感じられています。

赤と青の絵の具を混ぜると、紫色になるのを見たことがある人も多いと思います。

赤色は、赤色を100%反射し、青色を0%反射します。
青色は、赤色を0%反射し、青色を100%反射します。

赤色と青色を混ぜると、赤色を50%反射し、青色を50%反射する紫色になります。

関連商品

いろ いろ ばあ (新井 洋行 [著])

参考記事